幅広い年齢層がなる尿失禁の症状【対策することで解消できる】

勇気が出せない方へ

聴診器を持つ人

早期発見早期治療を

梅毒の主な検査方法は2つあります。一般的に行われているものは、梅毒の感染によって体内で生成される抗体を調べる方法です。これを梅毒血清反応検査と言います。この方法が広く使用されている理由は、潜伏期間中であっても調べることができ、早期発見に期待できるためです。どの病気にも言えることですが、早期に発見し適切な治療を施せば、重症化を防ぎ、完治までにかかる時間も短くなります。性感染症等では、自分だけではなくパートナーにもうつしてしまう可能性が十分にある為、早期に感染の有無を調べることは大変重要です。また、保健所によっては無料で実施している所もあり、結果を当日に聞くことができる物もあります。希望の方法を事前に確認しておくと良いです。

メリット・デメリット

梅毒の血清反応検査は、調べる抗体の種類によってその検査目的やメリットが異なります。STS法では、梅毒感染によって体内の細胞から出てくるリン脂質に対して体が作るカルジオリピン抗体を調べます。この抗体は感染から早い段階で作られるため、それを調べることにより早期発見が可能となります。またこの抗体は、病気の状態によって増減するため、治療が効果を上げているか判断する際にも使われます。デメリットは、梅毒由来ではないカルジオリピン抗体も検査結果に反映されるため、陽性と出ても全てが感染しているとは言えないことです。TP抗原法では、梅毒トレポネーマ抗原の抗体を調べるため、STS法と異なり偽陽性ははるかに少なくなります。しかしこの抗体は、感染から数ヶ月経っていないと生成されないため、早期発見が難しいです。また、抗体生成以前に検査を行い、陰性だからと安心してしまうことも考えられます。そこで現在では、このSTS方とTP抗原法を併用することが多くなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加